--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-19(Thu)

無月経の治療

無月経は治療で治すことができるのでしょうか。

無月経は卵巣が老化したわけではなく、休止しているだけなので、治療によって働きを戻すことができるます。
しかし、半年間無月経だとすると、その2倍の時間が治療にかかることもあるそうなので、生理がこないと気づいたら、すぐに病院へ行きましょう。


産婦人科に行くのは少し怖かったり恥ずかしかったりしますが、無月経は体によい状態ではないので(老化が進むのも嫌ですよね)、早々に治療は始めましょう。


毎月あることが当たり前な生理ですが、こないことを軽く考えるのはやめましょう。
しかし、こないからといって重く考えるのもストレスがかかってしまいますから、何か異変があれば必ず専門機関へそうだんすることをおすすめします。





生理の悩み 女性の体より引用


スポンサーサイト
2012-04-19(Thu)

無月経の危険性

妊娠の可能性が無いのに90日以上月経がない状態を無月経と呼びますが、では無月経の危険性はどんなことがあるのでしょうか?



◎妊娠できなくなる

90日以上生理が無い無月経は、排卵が起こっていないので卵巣機能が完全に休眠状態となっています。
卵巣が働いていないので、妊娠することはやはり難しくなります。
無月経を放っておくことで排卵しにくい体になっているので「赤ちゃんが欲しいな」と思ってもなかなかできないケースが出てきます。
妊娠を望んだ時に、放っておいたことを後悔するなんてことも想像できますね。



◎更年期のような症状が出る

卵巣がお休みした状態とは、女性ホルモンの分泌にも影響を及ぼしてきます。
だるさ・疲れ、肌荒れ、頭痛、物忘れなど、更年期のような症状が出てくる可能性もあるんです。
生理前や生理中に、体の調子が悪くなった経験がある人も多いと思いますが、無月経もからだに不調をきたす恐れがあるんです。
生理が来ないから楽でいいなんて考えていると、大変なことになってしまいますね。
しかも、無月経の体への影響はこれだけではないんです。

・血管や粘膜の柔軟性が失われていくため、老化がはやまっていく

なんて危険も伴うようです。

老化という言葉は若い人には無縁だなんて思っていても、無月経の状態だと体の老化を進めてしまうんです。




このように無月経を放置しておくと良いことなんて一つもないことが分かりますね。
では、無月経は治療できるのでしょうか。





生理の悩み 女性の体より引用


最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。